Image photo Image photo
Image photo

ASSET

「駅徒歩分」の資産価値と、
際⽴つ物件の希少性。
「駅徒歩分」の資産価値と、
際⽴つ物件の希少性。
「駅徒歩5分」×「上野駅」の資産性。
リセールバリューにおいても⾼いポテンシャルが期待できます。
最寄り駅からの
所要時間別リセールバリュー
選ぶなら、資産価値の落ちにくいマンションを。選ぶなら、資産価値の落ちにくいマンションを。
選ぶなら、資産価値の
落ちにくいマンションを。
資産を再び売却するときの価値を測る指標「リセールバリュー」。新築マンションにおいてその重要なファクターとなる⽴地や希少性を有する〈Brillia 上野Garden〉のポテンシャルに期待が⾼まります。
※1 10年前に新規分譲され、直近に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。専有⾯積30m²未満の住⼾および事務所・店舗⽤ユニットは集計から除外しています(東京カンテイ調べ)
住みたい沿線は、⼭⼿線。
便利な駅は、上野駅
JR⼭⼿線を使いこなすポテンシャル。
⼈気の沿線が複数使える「上野」駅という選択。
東京駅に次ぐ乗り⼊れ路線数。銀座線の使い勝⼿にも注⽬。
東京駅に次ぐ
乗り⼊れ路線数。
銀座線の使い勝⼿にも注⽬。
「住みたい沿線ランキング」で堂々1位を獲得した都⼼の主要路線・JR⼭⼿線。なかでも上野駅は東京駅に次ぐ乗り⼊れ本数を誇るビッグターミナル。主要エリアへダイレクトの銀座線「上野」駅の使い勝⼿も◎。
  • 住みたい沿線ランキング
    住みたい沿線ランキング住みたい沿線ランキング
    ※「関東 住みたい街ランキング2019」より
    ※リクルート住まいカンパニー調べ
  • 乗り入れ路線数ランキング
    乗り入れ路線数ランキング乗り入れ路線数ランキング
    ※JR山手線、京浜東北線、常磐線、常磐・成田線、東北本線(宇都宮線)、高崎線、東北新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、東京メトロ銀座線、日比谷線
    都内における
    山手線沿線供給物件数比率※2
    都内における山手線沿線供給物件数比率都内における山手線沿線供給物件数比率
    ※2 東京都内におけるマンション供給棟数調査。調査対象は2014年1月〜2018年12月までの期間内に第1期など新規発売が行われた物件。東京都内供給物件数:1478棟、JR山手線最寄り物件数:123棟、JR山手線最寄りかつ徒歩5分以内物件数:45棟。不動産経済研究所調べ
13路線が乗り⼊れる「上野」駅。
都⼼を⾃在に使いこなすマルチアクセス。
13路線が乗り⼊れる「上野」駅。都⼼を⾃在に使いこなすマルチアクセス。
住みたい沿線ランキング1位のJR⼭⼿線以外に、3位のJR京浜東北線、7位の東京メトロ銀座線、10位の東京メトロ銀座線などの⼈気路線が乗り⼊れる「上野」駅。都⼼近郊の主要スポットへスムーズにアクセスが可能です。また、成⽥空港へつながる京成スカイライナーや新幹線を活⽤すれば、国内外あらゆる場所を⾝近にします。
13路線が乗り⼊れる「上野」駅。都⼼を⾃在に使いこなすマルチアクセス。13路線が乗り⼊れる「上野」駅。都⼼を⾃在に使いこなすマルチアクセス。
●「秋葉原」駅/東京メトロ日比谷線「上野」駅利用●「新宿」駅/山手線「上野」駅利用、「秋葉原」駅で総武線(各停)に乗換、「御茶ノ水」駅で中央線(快速)に乗換●「渋谷」駅/東京メトロ銀座線「稲荷町」駅利用●「東京」駅/ JR 高崎線(上野東京ライン)「上野」駅利用●「新橋」駅/ JR 宇都宮線(上野東京ライン)「上野」駅利用、「東京」駅で東海道本線に乗入●「成田空港」(「空港第2 ビル」駅)/京成スカイライナー「上野」駅利用/●「大手町」駅/東京メトロ銀座線「稲荷町」駅利用、「三越」駅で半蔵門線に乗換●「銀座」駅/東京メトロ銀座線「稲荷町」駅利用●「日本橋」駅/東京メトロ銀座線「稲荷町」駅利用●「浅草」駅/東京メトロ銀座線「稲荷町」駅利用 ※掲載の表示分数は日中平常時のもので、乗換、待ち時間は含まれておりません。また、時間帯により多少異なります。
ゆとりある都心ライフを叶える
山手線沿線の注目プロジェクト。
ゆとりある都心ライフを叶える山手線沿線の注目プロジェクト。
稀少な条件を備えた話題のプロジェクトに
ふさわしい〝ブリリア〟”ブリリア”ならではの上質なプランを用意。
山手線沿線の市場において70m²超の専有面積を有し、かつ駅から徒歩5分以内という物件は全体の10%未満。そのうえ85m²超の専有面積を有する物件は2%未満と、同プロジェクトが沿線において稀少な条件を備えていることが分かります。
山手線沿線専有面積別シェアグラフ
山手線沿線専有面積別シェアグラフ山手線沿線専有面積別シェアグラフ
東京都内においては70m²以上のファミリータイプのマンションが比較的多くのシェアを占める。
山手線沿線専有面積別シェアグラフ山手線沿線専有面積別シェアグラフ
山手線沿線では70m²以下のコンパクトなマンションが多くのシェアを占める。85m²超は稀少。
※3 東京都内において2014年〜2018年に供給された新築マンションが対象(不動産経済研究所調べ)